FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次世代の環境住宅

広く普及し始めているスマートハウスとは、自然エネルギーやインフラを有効利用して電力を有効利用する住宅です。自然エネルギーとして太陽光発電システムです。高品質の単結晶シリコンを使用したソーラーパネルでは、交換効率は最高で19%です。耐用年数は太陽光パネルが約20年 周辺機器は約10年です。次に地中熱ヒートポンプシステムです。年間を通じて安定した熱供給が得られます。地中熱ヒートポンプシステムの耐用年数は10年程度です。昼夜発電できる風力発電システムがあります。耐用年数は15年程度で、導入コストは比較的低いです。暖房はペレットストーブの利用です。これは有効利用されず廃棄されているバイオマスを原料にして作られている木質ペレットを燃料にします。このシステムはCO2を排出しますが、植林した木が吸収しますので増加しません。省エネ商品として、ハイブリッド給湯・暖房システムの商品が開発されています。
ハイブリッド自動車が増加しているように、家庭エネルギーも変革の時代が来ています。

2月5日
特殊機械装置の部品交換をしました。メーカーから頂いた手引書を見ながら作業をすれば何とかなると思い、作業を始めましたが、なかなか部品が外れず、プラスチックハンマーで叩いてやっと取れましたが、他の部品まで抜けてしまい、格闘の末試運転調整までたどり着きました。とても長い貴重な1日になりましたが、あと4個取り付けてあります。高価な装置ですのでまた勉強します。

凍結防止対策

今年は大変寒く、凍結による故障が多いです。天気予報で確認して注意してください。凍結防止ヒーターをコンセントに差し込んでいなかったお宅もありました。夜中は追焚き式給湯器は必ず循環口より10cmくらい高く風呂水を張っておいてください。循環ホースが凍結防止の為に自動で水を循環します。
時々給湯器の周りを点検してください。水漏れを起こしている場合があります。漏電をする可能性がありますので、その時はご連絡ください。

家庭用太陽熱利用システムのご紹介

政府・環境省では、「家庭用太陽熱利用システム普及加速化事業」が始まりました。これは太陽熱利用給湯システム(BL認定品)機器と工事費の1/2(60万円を上限)を補助し、残りは7年~10年のリース販売方式となります。このリース期間はメンテナンス付ですので、お客様は安心してお使いになれます。従って10年リースがお徳です。メンテナンス対応保険内容は火災・落雷・ショート・煙害等カバーしています。詳細はお問い合わせ願います。
対象想定戸数は、3000戸です。

合併浄化槽補助金制度

4月から新年度が始まります。そこで、合併浄化槽を設置しようとお考えのお客様は、できれば今月中に見積や申請書類等の準備をされたほうが賢明と思います。市町村によって補助金の枠が決まっています。いざ工事と思ったときには申請受付が終わってしまったことがあります。当社もこんな経験があります。幸い9月の補正予算の5件分の1件に間に合いましたので、工事が施工できました。工事をお考えのお客様はどうぞ当社にご一報お願いします。

テーマ : お知らせ
ジャンル : ブログ

プロフィール

江田創設

Author:江田創設
江田創設社長ブログへようこそ!
日々のつぶやきを書いております。

◇ 株式会社 江田創設

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

社長ブログQRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。